FC2ブログ

土井まさり caracolilloの徒然

≫2007年06月09日

広島、食べる その三

まだ食うんかいっ!と言わないで。

ルーマニア料理ラ・マリウス(マリウスの作る料理は絶品です。広島にお寄りの際は是非食べに行ってみて!)女将、ミサとランチ。

ミサのリクエストで、Lyon(リヨン)というフレンチレストランへ。昔何度か行った事があるが、当時から割と古くて感じの良いお店だった。その頃より建物自体もお年を召した様子だったが、やっぱりとっても感じが良い。入口に立っただけで、そこの空間だけが、しん、としてる気がする。

一階はカウンター、二階がレストラン、三階が個室(多分貸し切り)の一軒家。場所は、流川(広島の飲み屋街)と中央通りの間の、綺麗とは言えない(失礼)路地に位置する。

昔行った時は、上品な老婦人が一階で迎えてくれた記憶がある。今は若い男性が作り(一人?)、また別の若い人が給仕をしてくれる。

ランチは三種類あったが、私はリヨン人気(給仕の人の言葉から)のランチ~車えびのクリームコロッケとミニステーキがメイン。ミサは前菜とメインをそれぞれ二種類からチョイスできるコース。どちらもスープ、コーヒー、デザート付き。しかも2100円とお手頃。
料理は、どれも美味しく、素材もきちんと選んでる感じ。何より、ひとつひとつに心がこもった味だった。

内装もシンプルで、大体の物に年代を感じるが、すさんだ感じはない。お店の人が愛情をかけてるのかも。
お客は私達だけの貸し切り状態。ランチタイムを過ぎていただろうに、快く受け入れてくれて、どうもありがとう。

こういう風情のあるお店がなくなりませんように。

20070609164042
スポンサーサイト



広島、食べる その二

20070609131312

次の日は、実家で日がな一日ごろごろ。
母親に「何が食べたい?」と聞かれ、すぐに思い付いたのは、こいわしのお刺身。

東京でお目にかかった事は、ない。一度、似たようなのを見つけ、喜び勇んで買って食べたが、なんか全然違ってた。やっぱり瀬戸内海だけなのかな?

とっても弱い魚なので朝しか売ってない場合が多い。買ったらすぐに内臓を取って、よく洗う。洗えば洗うほど、鯛の味に近くなる(美味しくなる)と言われてるらしいよ。

買い物に行った時間が遅かったので、もうお刺身になった状態のものしか売ってなかったけど、大好きなかれいのお刺身もあったから大満足!

お酒を飲まなくなった父親を尻目に、他にもいろいろ食べて飲みながら、美味しい夜を過ごしたのでした。

広島、食べる その一

着いてすぐにお好み焼き。
私の行きつけは、中央通りのみっちゃん。けど、夕方からの営業のため、まりちゃん一押しの福屋デパートの地下にあるみっちゃん(みっちゃんは何軒かあるけど、それぞれ味が違う)へ。
いつもの、肉玉そば・生エビ入り・ネギかけを注文。うぅ~ん、ここのもうまい。溜め息が出る。ここのは麺を別で茹でてから鉄板へ。

小さい頃は、土曜になると近所のお好み焼き屋さん(同級生のお母さんが焼いてた)でお昼を食べてた。そこはおでんもやっていて、よくおでんのねたをお好み焼きに入れて貰ったり、こんにゃくを鉄板でお好みソースと和えて焼いて貰ったっけ。今思い出してもよだれものだ。ホントに美味しかった。残念ながら、もうそのお店はやってないんだよねー。

広島(うちの実家は呉ですが)には、こういった小さいお好み焼き屋さんがたくさんある。東京下町ではもんじゃ、大阪ではお好み焼き、香川ではうどん、みたいに。
鉄板の回りを皆で(知らない人も一緒に)囲み、へら(お箸を使う人ももちろんいます)を使ってやけどしながら食べる。子供も大人も一緒。
大体の場合、こういう小さいお店は最初から茹でてある麺を使う。ほら、よくスーパーにあるようなビニールに一人分をパックしてるやつ。
茹でるのも、そのままのも、どちらもタイプが違ってて甲乙つけがたし。
まー、何でも好きってことです。

お好み焼きバンザイ!!

20070609125542

 | HOME | 

プロフィール

土井まさり

Author:土井まさり
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する