FC2ブログ

土井まさり caracolilloの徒然

≫2011年10月20日

読む

かばんの中には常に文庫本を入れている。

外出する時に文庫本を忘れた事に気づくと、なにか落ち着かない気分になる。

文庫本は、古本屋で買う事もあれば、新しいのを買う事も。

最近はちょっと思うところあり、自分の本棚から一度以上読んだ事のある本を適当に取り上げて読んでいる。

で、気づいたのですが、何年か前に読んだ本でも、驚くくらい内容を覚えてないものがあるのです。(もちろん覚えてなさそうなものを選んでるって事もあるけど)

私の脳みそはどうなってるんだろうか。。


読み進むうち、“あ、このフレーズ感動した“とか、“この生き様カッコイイ“って思った事とか部分的に思い出したりもするのだけど、何年か経って、大きく変わってない筈の自分の考えが微妙に変化してたり、当時気づかなかった(だろう)事を新鮮に感じたり。

読書とは私にとって、小さい頃から付き合ってきた親友でもあり、自分を見直す先輩でもあり、色んな事を教えてくれたり知らない場所へ連れて行ってくれる恋人でもあり、はたまた、問題を投げ掛けてくれる仲間でもある。


今は角田光代のトリップ。
妄想族は私だけじゃありませんね。


次はどれを選ぼうか。。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

土井まさり

Author:土井まさり
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する