FC2ブログ

土井まさり caracolilloの徒然

≫2015年06月09日

草津

まずは、初の草津温泉から。(3月の話ですが)
ずっと行きたいと思ってはいましたが、つい、箱根、伊豆方面に足が向き、やっと今回、といった感じです。

お宿に着き、夕食後、夜の湯畑へ。


湯畑が観光地になってるところは初めてでした。他にもあるのかな?
寒いのにたくさんの人。


とにかく寒っ!!早く宿に戻りたいー。


こんなイルミネーションも…


翌朝、宿をあとにして中心地を観光しようと。そしたらまた湯畑に来てしまった。必ずここに出るようになっているのか。周りにはお土産物屋さんが立ち並んでいます。


小さな神社を見つけたのでたくさんの階段をやっと上がったところで、雪がかなり積もってツルツルで歩ける状態ではなく、すごすごと引き返しました。やはり、かなり標高がありますね。

初の草津は、じゃらんで高得点だったお宿も、これまで行った温泉宿の中で一番ダメといっていいお宿で、なんというか、また来たいと思えないなぁ、と思いながら、雪がちらつく道を歩いて亜熱帯園へ。

入ったところで、雪の猿山。
激しい格闘の末、血だらけになって息も絶え絶えの猿がいて、あまりのショックに写真も撮れなかった。。しばらくすると飼育係の方が、大きな網で捕獲し、怪我をした猿達をどこかに連れていきました。ひどい怪我をしてるのに、捕獲されないように隠れる猿もいましたが、無事捕まって、人間も一安心。

さて、温室の中には、色んな動物がいて、かなり独特な臭いがしましたが、結構楽しめました。
天井から夫の頭に何か落ちてきて、
'鳥にやられた!(糞)'
なんて騒ぐので、恐る恐る見ると、なんと、小さな蜘蛛でした(笑)
上を見ると、外から入ってきた鳥も飛んでいるのです。にしても、糞も蜘蛛も頭に落ちてくるなんて嫌ですよね。私は楽しかったですけど(笑)

カピバラ

親子も。触れます。見た目通りおとなしい。


他にも珍しい鳥や、オランウータンやら色んな猿(どうやら私は猿系が好きみたいです)、ワニなどたくさんいました。
私が一番気に入ったのは、ピグミーマーモセットです。なんと動画しか撮っていなくて、情けないことにアップの仕方がわかりません。
ちょうど餌の時間だったので、じっくり観察することができました。人見知りすることなく、あちらも私をじーっと見ながら、木の実やら果物やらを頬張っています。
時おり、とても綺麗な甲高い声で鳴くんですが、これはきっと森の中で聞いたら、より神秘的だろうと想像しました。とても小さくて、人を小さくしたような、というよりは、小さな神様みたいな感じで、もし家で飼って先に死なれると、立ち直れないだろう、と飼ってもないのになんだか悲しい気持ちになりました。
もちろん、動物を飼われている方は、種類に限らず、そうなんだろうとは思いますが。
かなり長いこと、魅せられてしまいました。

あと、なんていうのか忘れたけど、手足の角質を小さな魚に食べてもらいました。私はちょっとくすぐったかったけど、中にはちょっと痛いと思う人もいるらしいです。テレビで観たことはあったけど、不思議な経験でした。

草津は、亜熱帯園以外、特筆すべきことはなかったけど(あくまで個人の意見です)、ピグミーマーモセットに逢いにまた行きたいな、という気持ちが、これを書いている今、沸々と沸き上がってきています。

が、宿は絶対に違うところにしなきゃ。
今回泊まったお宿は、お風呂ダメ、お部屋ダメ、料理もイマイチ(全体的にけちくさい)、の温泉宿にしては珍しくダメダメ3拍子揃ったところでした。草津は値段も安く、古いけど良さそうな旅館はたくさんあると言うのに。
あくまで想像ですが、じゃらんにお金を払って、かなりの宣伝をしてもらっているとしか思えません。
口コミも、信じられないくらい良くて、がっかりした人の口コミはカットされてるのでは?と疑ってしまいます。
部屋付き露天風呂を探して、草津の中では割りとお値段も高い方だったのだけど、宿自体、どこかの保養所みたいな感じで、到着した時、え、嘘でしょ…と思い、まぁそれはいいとしても、部屋に入ってまた愕然、お風呂を見て唖然、ご飯の時間も、あれほど客に気を使わせる、落ち着かないところは初めてで、ほとんど良いところの見つからない宿でした。

記念日のため、かなり前から二連休を確保して楽しみにしていた旅は、ピグミーマーモセットに出逢えたことで、今では楽しい思い出となりました。
次は暖かい時期にまた訪れてみよう。




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

土井まさり

Author:土井まさり
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する